株式会社オノマシン
会社情報 営業拠点 オリジナル商品 取扱メーカー 採用情報 関連リンク


「平成二十六年度 年頭所感」

 「新年明けましておめでとうございます。」
 本年も皆様とともに無事新しい年を、迎える事が出来ます事は慶賀の至りであります。

 さて、昨年は11月11日に50年振りに本社社屋の建て替えが完了し、再び創業の地にて本社機能を移し実稼働が始まりました。また我国経済にとっても大きな転換期となった一年でした。
政権が自民党へとバトンタッチされ、本来の実力以上に進んでいた円高が是正され、低迷していた株価も回復し、また民主党政権時代は目の仇とされて来た公共投資などの財政出動も復活しました。

弊社の前事業年度は客観情勢がこの様に順風へと変わりつつある中で、業務に精励してはきましたが結果的には残念乍ら一昨年と較べて殆ど業績伸展も見られず、依然低位での推移に終始しました。
今後は今春の消費税増税という課題があるものの、招致に成功した2020年東京オリンピックまでは施設関連の建設投資や、当面は震災復興やインフラの再整備などの防災面からの投資なども見込まれ、運営次第では弊社にも復活のチャンスはありうるかとは思いますが、問題はそのチャンスを生かせるかどうかにかかっています。

ご承知の様に世の商流の形態は大きく変化しており、10年前では予測も出来なかったネット販売が大きく台頭して来ており、約300兆円と言われる日本の個人消費のうち、ネット通販(B to C、EC)はすでに3%以上を占めており、近い将来10%の規模になると予測されています。さらに10%に留まることなく、20%や30%を占める可能性も十分に考えられます。すなわちリアルからバーチャル市場への移行が、急速に進む事が予測されています。

 また、製造業においても、従来金型が果たしていた大きな役割が3Dプリンターに取って代わられる事も予測されています。恐らく今後10年で我々を取り巻く消費経済や製造技術は大きく変化を遂げるものと思われます。この様な激動の商流や、技術変革の時代にあっては、進取の精神で時代の一歩先を行く備えをしておかねばなりません。ネット販売を含む新しい業態の商流にも対応すべく、情報収集やマーケットの研究を常に怠ってはなりません。流通チャンネルの変革期にあっては、競合はさらに激化が予測され、お客様にいかに受け入れられるかであり、その競争に勝つものだけが発展を許されるのです。

現在のこの様な時代にあって、今我々に最も必要とされる事は、本のタイトルにもなっている、商売の基本中の基本理念である「ただ顧客のために考えなさい」という、この言葉ではないかと思います。

そこで本年の会社経営スローガンは前年に引き続き、全社員がその意味するところを業務活動の規範となる迄消化し、深く深く身の奥まで浸透させて頂き度いとの思いから、再び昨年と同一のスローガンと致しました。


New Way

New Challenge

New Value

私たちは企業価値を高め、お客さまの信頼に応えます。


New Way :

現状に甘んじることなく、常に新らしい道を切りひらいていく努力を惜しまない。努力の先には、新しい道が開ける。


New Challenge :

失敗は成功のもと、新しいことに挑戦していかなければ、失敗もなければ成功もない。


New Value :

新しい価値を生み出すために、バリューワン 1の価値を高めよう!
(注)バリューワン:ひとりひとりの価値を高めること。


 今年も、『New Way.New Challenge.New Value.』をスローガンに掲げ、社員ひとりひとりが、更に、新しい道を切り開き、新しいことに挑戦し、各人の価値(能力)を高めていくことで、我が社の企業価値をもっと高めることにつなげていきます。

 「社員満足とお客様満足とは、自転車の両輪」、社員が自社に誇りを持ち、お客様への尚一層の誠意に満ちた対応が、お客様からの信頼を高め、お客様の満足度並びに社員自身の満足度を高めます。社員が誇りを持てる企業価値の高い会社を目指し、全員が一丸となって更に『New Way.New Challenge.New Value.』を実践していきます。

 当社の創業者が掲げた社是は「信用と誠実」、また弊社の主力仕入先BOSH社の創業者も『信頼を失うくらいなら、むしろお金を失った方がよい』「私はいつもこの原則に従って行動してきました。自分が約束したことを必ず守ること、製品の価値によって得た信用、そして私の言葉に対する信頼は、私にとって目先の利益よりも常に優先されるべきものです。」と述べられています。また、ある人は「会社の未来は一年先は決算書、五年先は商品、十年先は人が育っているかを見れば分かる。」と、この様に提言されています。会社の基盤を支え成長へ導くものはその会社の構成員である社員一人一人であり、我々社員が顧客からの信用にたる(充分に応えられる)人間とならなければならないということなのです。

また平成23年、24年度のスローガンであった「準備力」「行動力」「責任力」の3つの力こそが昨年度、今年度のスローガンを実践して行く根幹をなすものなのです。この3つの力こそがお客様満足度を高め、企業価値を高めることに繋がり、ひいてはオノマシンの社員である事の誇りへと繋がると確信しています。

話を締めるに当たり、私が最も好きで決意を新たにする時に詠みかえす句で締めたいと思います。

「春風や闘志抱きて丘に立つ」高浜虚子(たかはまきょし)

今年一年、皆様にとっても良き年となる事を祈念するとともに、本年こそは当社もエクセレント企業へ仲間入りする為の大きな飛躍の年となる様、共に精励努力し、大きな転換点となる意義のある年となる事を願い上げ、平成26年度の年頭所感と致します。
                                                  2014年 元旦



前ページに戻る
>>サイトにおける個人情報の取り扱いについて Copyright(c) 2011 Ono Machine & Tool Mfg.Co.,Ltd.All right reserved